弊社の作業風景を紹介します。細かい業務内容に関しては、お取引会社様との関係上掲載できない内容も多くありますが、鉄道車両を愛し車両設計の作業に誇りを持って業務にあたる我々の様子をご覧ください。

 

素早くアウトラインを計画する

ギ装設計は多分に経験が左右します。
与えられた諸条件の中で瞬時に最良の案を考え出すには、経験による閃きに勝るものはありません。また、各種文献に常に目を通しておく事も大事です。しかし、いくら経験を積み幾枚もの資料を取り込んでいても必要な書類をすぐに取り出せなければ意味は無く、整理能力も要求されます。
こういった事が揃って素早くアウトラインを計画する事が可能になります。

先様のニーズに応える

先様がこの車両をどの様な車にしたいのかという基本理念をいち早くつかみ、そのご要望に沿い先手、先手を打ってご提案していきます。また、一連の設計業務の流れの中で、今この時点で何が一番大事かという事を判断しそれに見合った図面を作成します。
以上の様に常に先様のニーズにうまく答えていく事が、長い設計期間をうまく乗り切って行く上で非常に大事な事です。

センスのいい設計を心がける

ギ装設計という分野は乗務員室を除き一般乗客の目には殆どふれません。だからといって機能さえ満足していればいいというものではありません。そこには一個の取付金具、一本の配管を設計するにもセンスというものが要求されます。
見た目には無駄のないシンプルな構造や整然と並べられた配管には機能美が漂い、ひいては作り易いためコストダウンにも繋がります。

ワーキングスペース

 

ミーティングルーム

 

来客スペース

 

                         ページの先頭に戻る▲

吹田市内に社員研修&保養センターを設けております。
ここには、昭和40年頃からの数種類に及ぶ鉄道専門誌のバックナンバーを揃えてあり、他にも鉄道に関する数百冊の蔵書があります。
また、仕事で疲れた心身を癒すには最高の鉄道模型(HOゲージ)レイアウトを製作中です。

クリックで拡大

 

 ページの先頭に戻る▲